アトリエ六曜舎の設計理念

「建築」とは、安心・安全、かつ少ないエネルギーでも快適に使え、
利用者に愛され、育まれていくべきものだと考えています。

シンプルなデザインと自然素材の活用

利用者に長い年月、愛着を持って大事に使ってもらうためには、飽きのこないベーシックでシンプルなデザイン、プランニングを行うことが好ましいと考えています。斬新でモダンなデザインの建築は、主張が強いがために、逆に飽きられやすい可能性が高いのです。
また表面上きれいな工業製品は、残念ながら時間とともに汚れていくだけで、より良い経年変化は期待できません。これに対して「木」をはじめとする自然素材は、上手に手入れさえしていれば、経年変化で美しく、味わいのある雰囲気を醸し出し、そして全体としての建築も、より愛着を持てるものとなっていきます。

木質構造

木質構造

植生に恵まれた日本では、古くから日本建築を支えてきた「木造」や「木質材料」を、建築や住宅に利用することは、ごく自然な流れだと考えられています。各地で生産されている杉や檜、松などの国産材を使わずに、海外から大量のCO2を消費して持込まれる輸入木材ばかりを使うのは少々おかしな話です。なるべくなら国産材を利用して、CO2の減少、そして日本の林業、緑の環境を守りたいものです。また建築としての使命を果たしたあとも、木材は土に戻ることから、環境負荷が小さく、なにより計画生産をすれば、人間が作り出せる、再生可能な素晴らしい素材なのです。
防火の問題はありますが、決して木は火に弱い材料ではありません。燃えしろを確保したり、仕上げに工夫をすることで、住宅だけでなく一般建築においても、木質構造はさまざまな可能性があると考えています。

パッシブデザイン、そしてオフグリッドへ

建築行為は、工事期間中、そして完成後にも環境負荷を生じます。我々はまず「建築」を極力長持ちさせることによって、スクラップ&ビルトによる環境負荷の軽減をはかります。
そして、建物の断熱気密性能を高め、太陽熱や通風などの自然エネルギーを積極的に取り込む「パッシブデザイン」を実践することにより、完成後のエネルギー使用量の軽減も目指します。
小さな建築であれば、快適性を保ちながら、エネルギー消費を抑える工夫を重ねることで、太陽光発電でつくった電気を大容量の蓄電池にためて全ての電力を賄うオフグリッド(電力会社からの電線をひかない独立電源方式)も、すでに夢物語ではありません。

緑の建築

パッシブデザインと「緑の建築」

わたしたちは「緑」を積極的に計画に取り入れます。すでに緑が存在する場合は、なるべく保存し、そうでない場合は、極力緑を補って、環境への影響を少なくしたいと考えています。これにより、小さいながらも自然の生態系の再生となる「緑の建築」が生まれるのです。住宅の場合は住まい手や周辺住民が。そして一般建築の場合は、不特定多数のユーザーが、自然のもつ豊かな恩恵を受けることができます。最初は小さな「緑の建築」でも、やがてそれがつながって「緑の街並」になれば、とても素晴らしいことではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る