アトリエ六曜舎の提案する住宅

「自然素材を用いた、光と風、緑を取りこむ、パッシブデザインの家」
「建主が気兼ねなく、愛着をもって、長く気持ちよく暮らせる家」

シンプル・ベーシックなデザインとプランニング

シンプル・ベーシックなデザインとプランニング

住まいとは、建主が好きな色をつけながら、長く楽しく暮らせることが理想だと我々は考えています。人は年齢とともにライフスタイルや好みが変わります。奇抜なデザインやプランニング(間取り)は、最初は気に入っていても、年齢を重ねると使いづらくなったり、飽きたり、全く逆のものが好きになる可能性もあります。
反対に、シンプルでベーシックなデザイン、プランニングは、フレキシブルで飽きないし、どんなインテリアにもフィトし、長く使うことができます。建主が自由にインテリアのスタイルや色づけを変えることで、いつまでも自分たちらしい住まいやライフスタイルを楽しむことができるわけです。

また、木が好きだからといって、部屋の壁天井を全て木で仕上げてしまうと、暗く重たいイメージの室内になってしまう可能性があります。木と白い壁をバランスよく配した「シンプル+ベーシック」な住まいは、明るく、また暖かみがあり、長期にわたって気持ちよく暮らせる住まいの基本ではないかと考えています。

われわれはスタイルを限定しません。ただ、~風と呼ばれるような、海外の住まいを擬似的に模したようなスタイルはあまり好ましいとは思いません。和にも洋にもとらわれず、建主らしい住まいのスタイルは何か、という観点で常に設計をすすめるようにしています。

広がりを感じ、明るく、風通しのよい、健康的な家

広がりを感じ、明るく、風通しのよい、健康的な家

なるべくなら人工的なエアコンや暖房器具に頼らずに、自然を上手に活用して、気持ちよく暮らしたいものです。自然な暮らしは、住まい手の健康にも、環境にもよいはず。
我々は、夏場の暑さを和らげるよう、日よけになる軒や庇を設置する、あるいは四方に窓を配して「風通しの良い住まい」を提案するように心がけています。また、吹き抜けやオープンプラン、開口部の工夫など「視線の抜け」をうまく活用して、広がりのある空間を、また窓配置に配慮して、明るい空間づくりを目指しています。
四季の変化を感じながら、五感を通して、気持ちよい暮らしを楽しめる、健康的な家を作りたいと考えています。

土に戻る「木造」をベースに、安全な自然素材でつくる

土に戻る「木造」をベースに、安全な自然素材でつくる

古くから日本建築の基盤となってきた「木造」。緑豊かな日本で「木」で家造りを行うことは、コスト面だけでなく、理にかなった行為だと思われます。
構造や仕上げで木材を用いることは、建主に快適な住空間を提供すると同時に、土に戻る再生可能な素材として、環境にも優しい家づくりが実践できます。
杉や檜、赤松や唐松、栗などの国産材を活用できれば、運搬にかかる環境負荷を軽減できると同時に、日本の林業、そして緑環境の保全につながります。
また木材や紙、土などの自然素材は、湿度の高いときは吸湿し、湿度が低いときは放湿するという吸放湿性能を持つことから、より快適な室内環境を提供すると同時に、住まい手や環境に優しく、経年変化の味わいも楽しめる、長く住まうための家づくりには欠かせないものだと考えています。

耐震性・メンテナンス性への配慮

スウエーデン式の地盤調査によって、まずはその敷地の地耐力や地盤の状態を確認します。RCや鉄骨と比べて木造は軽いので、ベタ基礎で対応できる場合もありますが、地盤の状態がかなり悪い場合は、状況に応じて地盤改良や補強杭など地盤補強工事を行います。
通常は、構造計算による配筋計画に基づいた「ベタ基礎」を標準仕様にしています。一般的には、ハウスメーカーの基礎よりも強固な基礎となっています。
私たちは設計する住宅は、すべて「木造」です。柱、梁をくみあげる在来工法をベースに、ツーバイフォーの良さを取り入れた、ハイブリッドで耐震性能の高い木造住宅が、六曜舎の標準仕様となっています。120mm角(4寸角)の柱、120mm幅の梁を用いた骨太な「骨格」に、筋交いとアミパネル(国産杉斜め格子組み通気耐力面材)で構成した「耐力壁」と、梁や土台上に構造用合板(厚28mm)を張って、剛性を確保した「剛床」を形成します。
構造計算によって算定した位置に、耐力壁と補強金物を適宜設置することで、効率的に耐震性能を高めています。長期優良住宅の認定基準である「等級2」(建築基準法=等級1の約1.25倍の地震力に対して倒壊しない耐震性能)を、標準仕様にしています。

長寿命と言っても、全くメンテナンスをしない家は存在しません。骨組みはしっかりしていても長く住んでいれば、仕上げは劣化し、設備機器や配管・配線にも必ず不具合は生じます。なるべく汚れにくい仕上げや施工方法を選定するのは勿論ですが、住まい手が行う日常的なメンテナンスと定期的にプロに依頼するメンテナンスを、なるべく効率的に行えるよう、点検口を設置したり、十分な床下空間を確保するなど、メンテナンスに配慮を行うことも、長く住める家づくりには不可欠です。

パッシブデザイン、そしてオフグリッド住宅へ

パッシブデザイン、そしてオフグリッド住宅へ

化石燃料に頼らない社会の実現のためには、建築的な工夫で、通風や採光、太陽熱など自然エネルギーを上手に活用する「パッシブデザイン」が重要だと考えています。「OMソーラー」や「そよかぜ」など、太陽熱で暖まった屋根の空気を床下に取り込んで、蓄熱させて室内を柔らかく暖めるシステムを採用する事例も増えています。また1階足下の寒さ対策と、室内の温度差軽減のため、基礎断熱で床下を室内の扱いにして、そこに熱源を配して、床下からやわらかく家全体を暖める「床下暖房方式」は、住まい手の健康と良好な温熱環境づくりに有効だと考えています。コストが許せば、熱交換型の換気システムを採用して、新鮮な空気を取り入れながら効率的に暖房を行い、家の室内温度の均一化を促進させるようなことも可能です。

建物の断熱性能は、外皮平均熱貫流率(UA値)で判断いたします。東京(6地域)では、H25年基準のUA値が0.87(W/m2k)以下。そしてZEH(ネットゼロエネルギーハウス)では、0.6(W/m2k)以下が目安となります。六曜舎では、最低でもH25年基準以下、希望に応じて、ZEH基準を目安とします。
床、壁、屋根に用いる断熱材は、安全性が高く、環境にも寄与するペットボトルのリサイクル品である「パーフェクトバリア」や、古新聞やダンボールからつくられる「セルロースファイバーの吹込工法」などを主に採用します。また壁体内結露防止のために、外周壁内側に防湿気密シートを張って、室内から湿気を帯びた空気が壁内に入らないようにすると同時に、通気層(アミパネル)によって、万一はいった場合も、すぐに排出される構造としています。防湿気密シートの施工は、壁体内結露防止だけでなく、適正な施工により気密性を高めることから、すきま風などによる熱損失を防ぎ、遮音の効果も高めます。
サッシやドアなどの開口部については、配置や大きさに配慮した上で、 Low-Eのペアやトリプルガラスの断熱サッシ(アルミ樹脂複合サッシ/樹脂サッシ/木製サッシ)をコストに応じて採用しています。最も熱損失の大きな開口部は、建物の断熱性能を大きく左右するため、とても重要なポイントです。

パッシブデザイン、そしてオフグリッド住宅へ

コンパクトな住宅であれば、断熱気密性能を向上させ、太陽や風などの自然エネルギーを上手に活用し、照明や家電、冷暖房などの省エネ化と、シンプルな暮らしの工夫を実践できれば、究極のエコハウスとも言える、太陽光発電と蓄電池の「オフグリッド住宅」(電力会社からの電線をひかない独立電源方式)の実現も可能です。

敷地全体をトータルに考えた「緑」を身近に感じる家

敷地全体をトータルに考えた「緑」を身近に感じる家

大なり小なり敷地の広さは限られます。建物だけでなく敷地全体を有効利用することによって、よりよい住環境づくりが実現できると思います。
車庫や自転車置き場などとして利用するだけでなく、「もうひとつの部屋」として活用したり、室内の広がりを演出したり、あるいは植物を育てて楽しむなど。
積極的に緑を活用することも大切です。例えば、庭に落葉樹を1本植えるだけでも、春の新芽、初夏の花、夏の濃い葉、秋の紅葉、そして冬の幹の美しさなど、四季の変化を毎日少しずつ感じとることができます。また、実がなる木であれば収穫を楽しんだり、それを食べに来る鳥を観察したり、あるいは風でゆれる葉の音、ほのかに漂う花の香り、葉の雨露に反射する光、さまざまな虫の動きなど、少し緑を加えるだけで、自然の美しさや、複合的な生態系を毎日の生活のなかで感じとることができます。これらの身近な緑は住まい手にとって、五感の向上や精神的な癒しの効果をもたらしてくれるのです。子ども達にとっては、四季の変化を感じる緑の空間は、住まいとともに「原風景」として、心に深く刻まれる大切な要素になるのではないかと感じています。

ページの先頭へ戻る