設計を依頼するということ

家づくりをどこに依頼するか?

家づくりをどこに依頼するか?

ハウスメーカーの展示場では、あこがれの暮らしを再現した実物を見る事ができ、相談すれば、すぐに敷地にあてはまる間取りを営業マンが持参するでしょう。また身近な工務店に相談すれば、簡単な図面ですぐに工事の段取りを始めてくれるはずです。ではなぜ建築家や設計事務所が存在するのでしょうか?
敷地条件が厳しく、建築家でないと対応できないというケースもありますが、それ以上に、家族のライフスタイルにぴったりと合う、納得の住まいを望まれるケースが増えているからなのです。ハウスメーカーや工務店の住宅、建売住宅の場合でも、自分たちが生活を順応させることで十分と感じる人もいるでしょう。
しかし、家づくりに少しでもこだわりを持つ人が、メーカーや工務店の建てる住宅に満足できないことが増えているのは事実です。最近は要望が多岐にわたる上、法規制や検査制度、建物性能、環境配慮など設計の与条件も複雑になってきていることから、簡単な設計で満足できることのほうが少なくなってきているのではないでしょうか。また住宅の場合、簡単に買い替えるわけにもいかず、場合によっては一生そこに住み続けなければならないわけですから、極力失敗のないようにしたいものです。
今の日本では、面積や間取り、室内外の仕上げ、設備機器のグレード、あるいは、耐震性能や省エネ設備の導入など、「わかりやすい差」が建物のレベルを決めると考えられている風潮がありますが、実は、空間の広がりや、光や風のはいりかた、素材の質感や色彩、温熱環境など「わかりにくい差」が住み心地に大きく影響を及ぼしていることが多いのです。
個人や家族のライフスタイルが多様化している現代の住宅では、敷地や予算などの与条件と、建主の希望をしっかりと理解し、よく話し合いながらバランスよく計画をまとめ、第三者としてサポートのできる「建築家」が、とても重要な役割を担っているのだと感じています。

建築家との家づくり

ハウスメーカーや工務店が、数枚から十枚前後の図面で家を建ててしまうのに対して、建築家(設計事務所)の場合は、50~100枚と、圧倒的に図面枚数が多いのが一般的です。これはどういうことかというと、ひとつは前者が、一定のルールに基づいた間取りで、大量生産の限られた既製品を使用することで、工事の合理化を行い、図面枚数を減らしているということ、そして建主との打ち合わせに本来必要となる、説明用の図面や資料、スケッチなどを省略していることが理由です。そして何より、完全な自由設計である建築家と違い、限られたメニューの中から選ばせることで、合理化をはかっているという点に、最も大きな違いがあるわけです。
通常、建築家の場合、さまざまな図面や模型、スケッチなどを準備して、建主としっかり内容を確認しながら計画を進めます。これによって建主が、計画している住宅のすみずみまで理解をすることができ、完成後に「こんなはずじゃなかった」という後悔の念をいだくことを大幅に減らすことができるわけです。
つまり人任せではなく、建主自身がじっくりと悩み、考えることによってのみ、はじめて納得の住まいづくりが実現できるのです。建築家は、デザインだけでなく、建物性能、素材、設備、ひいては暮らし方にいたるまで、十分な説明と、適切なアドバイスを行うことで、家づくりをよりよい方向に導く重要な役割を担っているのです。

模型 スケッチ 図面
模 型 イメージスケッチ 収納計画図面
画像をクリックすると拡大します

建築家との家づくり

建築家や設計事務所は、通常施工を請負いません。ですので、ハウスメーカーや工務店のように自ら工事を行う場合と違い、利害関係がないため、工事に関わる問題点など、建主の代理として、第三者的な立場から、プロの目で細かくチェックや検査を行い、問題があれば是正を指示します。設計と施工が同じ会社内で完結するクローズドスタイルではなく、完全にオープンで安心なシステムがそこに存在します。

技術を持っていて対応がしっかりしていれば、どこの工務店でも依頼することは可能です。建主の知っている工務店でも構いませんし、建築家がよく依頼する工務店でも構いません。
また特命の場合もありますが、2~3社の合見積を行うことで、より正確で条件のよい工事コストを導きだしたり、細かな査定によって、間違いや異常に高い項目などをチェックして是正させることも可能です。それらをふまえると、工事費においても、設計料を出して設計事務所に依頼する事に大きなメリットがあるわけです。

相性の良い建築家を選ぶ

ひとくちに「建築家や設計事務所」と言っても、規模やスタイルはさまざまです。公共施設やビル、マンションなどの大きな建築を対象にしているところもあれば、住宅など小規模の建築を中心に手がけているところもあります。またRC造、鉄骨造、木造、など、それぞれの事務所で得意とする構造の違いなども見られます。あるいは、自分のデザインや考えを優先させる自己主張の強い人もいれば、建主の希望を極力くみとって設計を進める人もいます。 
まずは、その建築家がどのような建築を手がけているかをHPなどでしっかり確認した上で、相性や考え方、センスや価値観が近いかどうか、そして、ともに考え、より良い家をつくろう!という考えを持っているかどうかを、きっちりと見極めるよう心がけて下さい。依頼先を間違えてしまうと、その後の全てのことが間違った方向に進んでしまい、なかなか後戻りできず、お互いに不幸な結果を招いてしまう可能性も高くなります。
高い買物ですから、建築家探しの段階で手間と時間を惜しまないことが大切です。

敷地や予算などの悪条件を納得した形でクリアしたい、ハウスメーカーのモデルハウスや工務店の建てる家を見ても、どうもしっくり来ない。なんとなく曖昧ではあるけども、自分たちらしい家を後悔のないようじっくりと考えて建てたい、あるいは施工がきっちりとされているか第三者としてのプロの目でしっかりチェックして欲しい。このように考えていらっしゃる方であれば、是非建築家への依頼をおすすめいたします。
家づくりは初めての方がほとんどです。通常は相談までなら、費用はかかりませんので、消極的にならず、まずは飛び込んでみてはいかがでしょうか?

アトリエ六曜舎では、他の建築家や設計事務所と比較して頂く事を推奨しています。これまでの経験では、特命でご依頼頂くケースも多いのですが、さまざまな建築家や設計事務所と比較した上で、我々を選んで頂いたケースのほうが、信頼関係の構築が容易で、よりスムーズに家づくりを進めることができると感じているからです。まだ依頼するかどうかは決めていない、という方も、まずはお気軽にお声がけ下さい。そこから建築家選びの第一歩を踏み出して頂ければと思います。

ページの先頭へ戻る