八雲・小さな家(I邸)

友人家族と桜並木の緑道沿いの敷地を14坪に分割して建てた小さな住宅。
面積の制約が厳しいため、オープンプランを採用し、空間を有効に使って広くみせる ことを試みた。無垢の米松厚板床と、白い壁を組み合わせて、シンプルでナチュラルなイメージに。隣接する桜並木の緑道側に開いた、木製サッシの出窓とベンチが、この家で一番心地よい空間となっている。

Date

地下1階、木造2階建て
敷地47.86m2(14.48坪)
延床85.99m2(26.01坪)

八雲・小さな家(I邸)
※左はT邸、右がI邸

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る