鷹番の家

建主の希望は、明るく風通しのよい、シンプル・モダンな「ギャラリー」のような家。
都心の密集地であることから、道路側のプライバシーを確保しながら、トップライトや中庭側の開口、光庭などで明るさや通風、開放性を確保した。
特徴的な砂岩のアール壁も建主の御希望のひとつ。アールの集成材を水平方向に利用し、構造用合板で面剛性をもたせることで、RC造の地下をのぞく地上部分は、全て木造で構成させた。
中庭だけでなく、日当たりのよい屋上(人工地盤上)に菜園を設け、緑豊かな住空間を実現させた。

Date

地下1階、地上木造2階建て
敷地169.19m2(51.2坪)
延床224.55m2(67.9坪)

鷹番の家

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る